安全性から見る婚活アプリと出会い系サイト・掲示板の違い

婚活アプリを使ってみたいという気持ちはあるものの、中々踏み込めない方もいるのではないでしょうか?婚活アプリを使う理由の一つに安全性というのは大事なポイントですね。つい先日、ゼクシィの社員が婚活アプリを使って誘い出した女性に対し暴行を加えたというニュースが話題になりました。女性にとって、婚活アプリの安全性は欠かせないものです。2000年ごろに流行った出会い系の掲示板では、ほぼ無法状態で売春や援交なども行われ安全性は皆無でした。現在の婚活アプリでは昔の出会い系の掲示板で行われていたような安全性を損なう行為はないのでしょうか?今回はそんな出会い系と婚活アプリの大事な違いをご紹介します。

安全性が低かった掲示板などの出会い系サイトはまだ残っている

2000年ごろにはやった掲示板の出会い系サイトは一度は法律が厳しくなったことにより全て閉鎖に追い込まれました。しかしその後、名前を変えてまだ存在しているのが事実です。表向きはちゃんとした出会い系サイトと打ち出しているものの、実際は援助交際やサクラ・業者が横行しているサイトです。

ワクワクメール、PCMAX、イククルが出会い系サイトの代表格

その代表格がワクメと呼ばれるワクワクメール、ピーシーマックス、イククルです。この三つのアプリは掲示板としての出会い系サービスで女性と男性が書き込みをしてその書き込みをみて興味を持った異性が連絡をするという仕組みになっています。

これらのサイトは2000年代に流行った掲示板であるスタービーチなどの形をそのまま受け継いでいる出会い系サイトであり、援交や風俗のサクラが多数存在しています。男性は女性と直接メッセージのやりとりをするためにはポイントを現金で購入する必要があります。これらの掲示板出会い系サイトのひどさはポイントを購入させるだけでなく、女性に還元されていることです。

女性はサクラ行為でキャッシュバックが貰えるという悪質な出会い系サイトが横行

女性は男性にメッセージを送らせ消費させることで、運営会社から女性にキャッシュバックが入る仕組みになっている会社もあるのです。女性はスマホで簡単にできるサクラバイトとして機能してしまっており、男性は課金して騙されているということがザラにあります。男性がやりとりしているのはほとんどがサクラなため、出会えるどころかただ短期間のうちに大金を払ってしまって終わり、ということになります。悲しいですが、これが出会い系サイトの現実です。

サイトやアプリで本当に出会えるものはあるのか?

掲示板出会い系サイトよりも婚活アプリを使うと出会える確率は上がる

じゃあ、出会い系の掲示板以外の婚活アプリや恋活アプリでは健全に運営されているのか?本当に出会うことができるのか?ということに関しては100%ではないものの掲示板出会い系サイトに比べて高確率で出会うことができます。またペアーズやゼクシィ恋結びの公式サイトでは実際にアプリから結婚に至った利用者が公表されていることから、全てがサクラというわけではなさそうです。ネットやアプリで婚活する場合、ここで間違いなく言えることは出会い系サイト(ワクワクメールなど)は使わず、大手の婚活系アプリを使うべきということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です