GoPro格安レンタルでおすすめの会社は?

ゴープロのレンタルができる会社を調べました

GoProHERO6とGoProHERO5の違い

GoProHERO6とGoProHERO5には、外観上は大きな違いはなくサイズも同じで、水深10mまでハウジングなしで潜れる防水機能も共通です。

一方、HERO6には新しいGP1チップが搭載されました。これはメインの頭脳にあたる部分で、5に比べて処理能力が2倍になったことにより、既存の機能のグレードアップや、新たな機能が搭載されています。

「QuikSTORIES」は、撮影した動画を自動でデータ解析し、一番良い瞬間の動画を選んで切り貼りし、一つの動画に作り直してくれる機能です。HERO5にもあった機能ですが、データ解析機能が向上しているので、より良い動画を作り出してくれるでしょう。

撮影した動画の滑らかさも向上しています。HERO5では4K動画を30fps(1秒間で何枚の静止画を撮っているかという単位)で撮影していましたが、HERO6では倍の60fpsです。これにより、撮影した動画をスローモーション再生したときのカクカクが、かなり軽減されています。1080pのフルHD画質で撮影した場合は、こちらもHERO5の倍の240fpsとなっています。

そして、HERO6でははじめて「タッチズーム機能」が搭載されました。動画の撮影中にプレビュー画面をタッチ操作することで、ズーム撮影が可能です。ただし、5同様、HERO6にもズームレンズは搭載されているわけではなく、撮影した映像の一部を切り取って拡大する方法で実現しています。動画編集をスマートフォンで済ませたい方や、撮影した動画をすぐにSNSでシェアしたいという方におすすめです。

「電子手振れ補正機能」が、HERO5よりもパワーアップしています。スノボやツーリングなどの、揺れの強い撮影シーンのときでも、より安定した動画を撮ることができるので、頼れる機能のひとつでしょう。「ナイトフォトモード」が搭載されたので、5と比べて光の少ないシーンや、暗闇での撮影にもより対応できるようになっています。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2019 GoPro格安レンタルでおすすめの会社は?

テーマの著者 Anders Norén